意思表示

漫画「意思表示」1
漫画「意思表示」2
漫画「意思表示」3
漫画「意思表示」

過去問より

2014年 管理業務主任者
<質問>
甲建物を所有するAが、同建物をBに売却する旨のAB間の契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
・本件契約がAB間の通謀虚偽表示により締結され、移転登記がされた後に、BがCに甲建物を売却する旨の契約をCとの間で締結し、移転登記がされた場合に、Cが、Bとの契約の締結時に、本件契約が通謀虚偽表示によることを知っていたときでも、Aは、本件契約の無効をCに主張することはできない。
<回答>

相手方と通じてした虚偽の意思表示は、当事者間では無効となる(民法94条)が、善意の第三者には対抗することができない(同条2項)。
Cは知っていたのだから善意ではなく悪意である→×。

おススメ参考サイト

公共社団法人 全日本不動産協会
今回漫画に記載した判例と、2020年4月の法改正について記載あり。
https://www.zennichi.or.jp/law_faq/%E9%8C%AF%E8%AA%A4%E3%81%AE%E5%8F%96%E6%89%B1%E3%81%84/

民法の基本>意思表示とは
https://www.minpou.jp/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%B7%8F%E5%89%87/%E6%84%8F%E6%80%9D%E8%A1%A8%E7%A4%BA/%E6%84%8F%E6%80%9D%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%AE%E5%BD%A2%E6%88%90%E3%81%A8%E5%8A%B9%E5%8A%9B/

コメント

タイトルとURLをコピーしました