代理

漫画「代理」1
漫画「代理」2
漫画「代理」4
漫画「代理」5
漫画「代理」6

民法>総則>第5章法律行為>第3節代理(99条~118条)
民法の条文はこちらから! (WIKIブックス第99条

漫画で取り上げていない条文

第101条(代理行為の瑕疵)

  1. 意思表示の効力が意思の不存在、詐欺、強迫又はある事情を知っていたこと若しくは知らなかったことにつき過失があったことによって影響を受けるべき場合には、その事実の有無は、代理人について決するものとする。
  2. 特定の法律行為をすることを委託された場合において、代理人が本人の指図に従ってその行為をしたときは、本人は、自ら知っていた事情について代理人が知らなかったことを主張することができない。本人が過失によって知らなかった事情についても、同様とする。

第103条(権限の定めの無い代理人の権限)

権限の定めのない代理人は、次に掲げる行為のみをする権限を有する。
一 保存行為
二 代理の目的である物又は権利の性質を変えない範囲内において、その利用又は改良を目的とする行為

第105条(復代理人を選任した代理人の責任)

  1. 代理人は、前条の規定により復代理人を選任したときは、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う。
  2. 代理人は、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、前項の責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知し又は復代理人を解任することを怠ったときは、この限りでない。

第106条 (法定代理人による復代理人の選任)
法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは、前条第一項の責任のみを負う。

第113条(無権代理)第2項
追認又はその拒絶は、相手方に対してしなければ、その相手方に対抗することができない。ただし、相手方がその事実を知ったときは、この限りでない

第115条(無権代理の相手方の取消権)※但し書き以降
代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる。ただし、契約の時において代理権を有しないことを相手方が知っていたときは、この限りでない。

第117条(無権代理人の責任)第2項
前項の規定は、他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないことを相手方が知っていたとき、若しくは過失によって知らなかったとき、又は他人の代理人として契約をした者が行為能力を有しなかったときは、適用しない。

>【解説】イケメンくんが 未成年者、成年被後見人、被保佐人及び第十七条第一項の審判を受けた被補助人 だったら責任負わずにさようなら、ということです。

第118条(単独行為の無権代理)
単独行為については、その行為の時において、相手方が、代理人と称する者が代理権を有しないで行為をすることに同意し、又はその代理権を争わなかったときに限り、第113条から前条までの規定を準用する。代理権を有しない者に対しその同意を得て単独行為をしたときも、同様とする。

>【解説】単独行為:解除や取消など、一方の意思表示で事が完結するもの。113条無権代理(本人追認すればOK)・114条無権代理 催告権(追認プリーズ)・115条無権代理取消権(相手が先に取消可)・116条追認(契約時に遡る)・117条(追認なければ無権代理くんは自分で責任取りましょう)

コメント

タイトルとURLをコピーしました